忍者ブログ

その時、時計が動いた

日記帳・感想など

探究心をくすぐられ。

【業務連絡】リトプレさん、拍手ありがとうね~。

さて、ネタカテゴリー更新も凄い久々やねえ…つっても今日は笑えるネタってわけじゃあないんだけど。

人生の意義(ウィキペディアより)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E7%94%9F%E3%81%AE%E6%84%8F%E7%BE%A9


たぶん「こんな項目存在するのか!」と思った方もいるでしょうが、意外とウィキペディアには漠然とした内容が載ってたりもします。「死」って検索してみてもなかなか面白いですよ。暇で暇で仕方がない人は時々覗いてみると興味深い内容が見られるかもしれません。
しかし素晴らしく明確ですな。
特にフランクリンの「態度価値」は人生の意義を俯瞰するのに役に立ちそうだ。『ファウスト』の「自分の命を懸命に燃やす」ことによってのみ、人生の意義は得られる、という定義も確かに、と頷ける。
思春期を通り越してくるとこんな考え方をする人もあまりいないのかと思いますが、やっぱり生涯において人生の意義を考える事はよくありますよね。喪失感に苛まれたとき、何をすればいいのか分からなくなったとき、自分とはなんなのかを考え始めるとき、独りぼっちになったとき、自分だけが理不尽に虐げられるとき…などなど、ふとした瞬間に、我々は人生の意義を考えているのですよ。
現代社会を勉強しているときに、必然的に倫理分野も絡んでくるので突っ込んだ勉強もするわけですが、そのときに「大きな視点から見れば、人生に目的なんて無いですよ」って先生が言ってました。そしてそれを知った上で生きていられる人間のことを「超人」(ウルトラマンの伏字じゃないよ、「ちょうじん」だよ/笑)と呼ぶrと教わりました。
マクロな視点で見始めたら、細かいことは全てどうでもよくなり始めます。例えば社会構造。確かに構造解釈からすれば人間はいますが、実際見ているのは構造なので、その中の人間には目を向けなくなりがちです。超人の解釈も似たようなもので、勉強していたときの私は「まあそんなこといい始めたらこの宇宙が生まれたことに目的なんか無いんだから、生物(しかも人間という種)の一固体に生きる意味がないのは当然じゃね?」とか思ってました。しかしそんな中でも自分なりに生きる目的を見つけ、それを実践していくことで、人間は自己を保つことが出来るんですよね。皆そうだと思います。私も同じく人生とはなんぞや、と考えている人なので、超人にはなれなさそうだ。(笑)
時々、「人生とはなんぞや」と考えることがあったら、他人に頼るのではなく、自分で答えを見つけようとしてみてください。まだまだ半人前の私が言うのにはちと重い言葉だがのう…!

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題

いえいえ~^^
ネタかと思いきや・・・Wikiなかなかやりますねww
実は俺の市のスポーツセンターの項目もあるというww

Re:無題

どもども!
まあネタと言ってもカテゴリー内にある記事を見て分かるとおり、生活の中で見つけた某ナニコレ的なものを写メッてるだけだけどね。今回は割りとアカデミックな方向で行ってみました。
うん、wikiすごいよね。(笑)そういう街の記事とか豪いローカルな記事とかもあるし…!人の数だけ記事があるみたいなw
ちなみに暇なときに見て面白ジャンルのおすすめはこういう哲学系とSFネタ、日付やカレンダー。特に「2036年」には面白いことが書いてあるよ!

  • メル
  • 2010/04/03(Sat.)

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア



メールフォーム
Powered by NINJA TOOLS


ぷかレイ

ブクログ

最新コメント

[02/06 岩尾]
[01/09 かげしゅら]
[12/09 匿名]
[04/10 萩の月(銘菓)]
[11/17 結城]

最新トラックバック

(04/29)

プロフィール

HN:
メル
年齢:
26
性別:
女性
誕生日:
1991/09/29
職業:
大学生
趣味:
アニメ鑑賞、ペーパークラフト、パソコン、読書
自己紹介:
名前の由来は某幼女向け人形からではありません(笑)
大学生という名のモラトリアムをエンジョイ中につき、暫く更新率が著しく上がると思われる。
ライダーは一番カブト(特に地獄兄弟)が好きです。故にカブトカブト言ってますんで苦手な方は注意。
アニメに関してはあまりに見すぎていて感想書ききれないので各クール気になった作品は最終回終了後に総括して書くと思います。
漫画、小説、ラノベその他とにかく本の感想は本棚のブログパーツの「ブクログ」の方に書いてます。作品の好みとかを知る場合はそっちを見たほうが早いと思います。

バーコード

ブログ内検索

カウンター