忍者ブログ

その時、時計が動いた

日記帳・感想など

最終回…!

北海道に遠征してきました。ぼっちゃまの一周忌やりたかったのに北海道に強制送還されましたとも、ええ。
…正直な話、去年母はクリスマスの日に職場の人たちと一緒に香港に行ってしまったので、今年こそ真面目にフツーのクリスマスを堪能したかったからジンギスカン食べ放題とかズワイガニ食べ放題とかよりも鳥の腿肉買ってクリスマスツリーを見ながらケーキ食べて坊ちゃまの一周忌でしんみりするのが夢だったのにっ…!

いやはや、やはり向こうは寒いですねぇ。函館から札幌を経由して新千歳空港へ行くという内容のものだったのですが、バスは長いわ人は多いわでクリスマスの北海道を満喫!というようにはとても行かなかったのではなかろうかと思います。

というか本遠征主催者の母ですら、函館山から夜景を一望するという目的を人込みが多いという理由でまともに見ることが出来なかったためにヘソを曲げるほどでした。…以前昼間に来たのに。(笑)まあ、そのおかげで二日目に函館から札幌まで至るのにバスを離脱して「ほくと」を使えたわけですが。…今回相当お金使ったんだろうなぁと踏んでいます、はい。

行った場所が多すぎてよく覚えていないのですが、とりあえず今回で北海道へ行くのは4回目なのでいい加減メジャーな場所は一通り押さえたんじゃないかと思います。テレビ塔も五稜郭も行ったし、今回はトラピスチル修道院とか旭山動物園にも行ったし。しかしこれだけ回っても飽きが来ないというのも不思議なものですね。やっぱりご飯がおいしいのが一番の理由なんだろうけど、そもそも観光産業が盛んだから数年こないうちに行くべき場所がどんどん増えていくからだろうな。

旭山動物園とか、一昨年までほとんど話題に上らなかったのに、去年辺りから急激にマスコミが取りあげるものだから動物がいないあんな寒い時期でも結構人がいた。情報の先生が言ってた通りの自由な飼育方法だからなのか、確かに「芸をしている」というよりは単純に動物たちの自然体を見るような感じ。ちなみに一番人気のペンギンパレードは時間の都合で見れなかったが、「アザラシの滝登り」とか言われているらしいものと白熊が氷に腹を擦り付けながら滑ってるのは見れた。レッサーパンダのつり橋渡りもみれましたー。

しっかし、白い恋人がものすごい人気で朝早くから並ばないと買えないなんてびっくりだった。札幌に着いたら売店で整理券配ってるんだもの。(笑)ちなみに、ジャガポックルは売ってなかった。
…楽しかったといえば楽しかったんだけど是非とも来年はクリスマスツリーとケーキと坊ちゃまの二周忌を…(二周忌ってなんだよ

さてさて、まあ北海道の感想はこんなものにして、冬期講習も終わったことだし、最近のはまりもの。

・テイルズオブイノセンス

一週間前に北海道でのバスの時間が暇であろうと思って学校帰りに買い求めたが、ゲームショップ・電気屋を4件回っても手に入らなかった代物。しかし数日後、地元のデパート内のおもちゃ売り場であっさりゲット。(意外に穴場だったのか)この際値段は気にしな~い。
私はほとんどRPGをやらない人なんですが、今回ばかりはCMで聞いた歌に落とされたのとアニメーションがきれいだったのでこれは買いだ…!と思いました。事前にある程度情報を得ていたのですが、発売日が丁度期末前でGAと同じ状態に…。
で、感想なんだが…やはりオープニングムービーがすーばらしぃ…!あのいかにもNスペに出てきそうなオープニングの曲が好きです。んで、戦闘がめっさ面白い。何せコンボ数が普段の私じゃ考えられないほど大きい数行く!RPG慣れしてない私がここまではまれるなんてほとんどないだろうに。
一般的にはダンジョンに謎解き要素が全くなくてツマランとかいわれてますが、すんごい迷いやすいことを除けば面倒な要素がなくて好きです。(まあそこで2時間とか迷ったときはネットに頼ってしまうわけですが…アシハラ(notギルス/笑)のダンジョンはきつかった…)DSで発売してくれたのでバス乗ってる間とかにも出来るし。内容は…もう「皆ルカが大好き!ルカを皆で守る!」という感じ…大好きだこういうの!

現在北の戦場まで進みました。頑張ってクリアできるといいと思います。…挫折しないようにっ!

・バンブーブレード
東さん、ゲットだぜ!の回。(違)
皆に面を打つタマちゃんを見て思わず手合わせしたくなった東ちゃん。剣道の感覚を思い出してパーティ・インッ!(某WAより)
先生が剣道を厳しく教える理由。剣道が嫌いであったけれども胴着の値段を知って頑張り始め、徐々に身体が動くようになった頃にその剣道着が実はもらい物であったことを知る。しかしもうそのときには剣道に入れ込みすぎていて、止める気などなかった。ええ話じゃあないですか。ハイパー1もこのくらい剣道に入れ込んでくれれば、母も怒らずちゃんと学校にも行くだろうに…;
メイちゃん、タマちゃんに面食らって剣道部を続けることを決心する。やっぱタマちゃんは強くてかわいくていい!先生7段だったんすか…道理で強そうなわけだ;
ところで…

メル    「こういう経験って実際あるの?」

ハイパー1「さぁ?つーか俺らの部活と全然違うw」

…もうちっと真面目に部活してください、ハイパー1…

・魔人探偵脳噛ネウロ

先週に引き続き「最後の自分像」にまつわる彫刻家のおじいさんの死の謎解きから。(先週忙しかったから描いてないけど…まぁ気にするな。/おい)相変わらず「先生」と呼びつつ弥子を使ってさせる謎解きが過激なネウロ。(笑)てか謎解き終わったときに犯人が育毛剤っぽいのを頭にかけて木のようにまとまった髪の毛に笑った。本来笑うべきところじゃないけど笑った。
そして謎を解き終わる瞬間を狙って犬に化けた怪盗サイがネウロに向かって突撃!で、サイがネウロを殺そうとする寸前に、弥子が最後の自分像を盗みに来た理由をサイに尋ねるんですな。
ちょろっと思ったのだが、「この像に宿っている憎悪が~」とかサイは言っていたのだが、ということはサイは人間の負の感情が詰まっているものを盗んでいっているということか。むぅ…サイの言っている芸術論が感性的で言われなくちゃ分からない…作者が只者ではないということがわかりますな。
今回の一番注目すべきところはやはりサイの心情変化でしょうか。「記憶が入れ替わるときにごとっと音を立てて何かが滑り落ちていく」というのと「俺も魔人に近づいている」というのは、サイが元は人間だったからなのだろうか…?最初彼を見たときはネウロと同じ世界から来た奴だと思っていたのだが…どうやら違うような…?
この回の佐伯さんは相変わらず死んだ魚のような目をしてますがカッコイイですね。渋い大人の貫禄が漂っているというか、自分の身が危ないって時に弥子に重大なメモを託すというのはさすがといえる、ような気がします。…戦闘シーンもすごく面白かった!ってか長くなったな。

いや、本当にすみません。忙しい理由から更新頻度が薄いため一回一回の内容が濃くなってしまうんですよね。

んで、本命のセブンⅩ。最終回なのに遅くなってすまない!

遂に感動のラストを迎えたセブンⅩ!

ジンたちはそれぞれモニター監視の制御施設と能洲湖に急ぎます。

その間ちらちら見えてくる映像の断片が最初はなんだか分からなかったんですが、結局あれってジンの記憶だったようですね。

まあ、後に分かる別の世界の物もあったようですが…

ジンとエレアががんばっている端でKとSがかっこよかったのにはすごい燃えた…!

施設を隠すステルスのCGもかなりきれいに出来ていていい感じ。

何か仕事仲間っていいなぁ。(´v`*

…っと、さすがのセブンⅩも意味も分からず強い敵を三体相手にするのは大変だったようで、一度は敗れてしまいます。

…思えば初めて負けたのではないだろうか…;今まで無敵を誇っていたようなもんだし…

一度敗れたジンの元に駆け寄るエレア。そしてようやくジンに関する全ての記憶が明かされる…!

ジンとエレアは政府の情報に近づいたが故に命を狙われる羽目になってしまった。追っ手から逃げている最中、ジンはエレアを守る、と言って負傷し、エレアも結局撃たれてしまい、二人は乗っていた橋から転落する。水の中でエレアはジンを助け出そうとするが、ジンはすでに意識を失っていた。そこへ現れた救世主が赤い巨人、基ウルトラセブンである。
別の世界からやってきたというその巨人は赤い大きな火の玉のようであった。彼が言うには、どちらの世界も危険に曝されているらしい。そこで二つの世界を救うために、ジンの体を貸してほしいというのだ。エレアはジンをすくってほしいという願いから、その申し出を受け入れ、ジンは再び自分の部屋で意識を取り戻した。
しかし赤い巨人がジンの体を借りることになったために、ジンは過去の記憶を失い、巨人の意思は封印された。エレアが言うには、再び巨人の意思が覚醒すれば、ジンの意思は失われてしまうらしい。だがセブンⅩが覚醒しなければこの世界は救われない。エレアはまた戦って、この世界を救って、とジンに祈りました。

あ、そういえば、先週まとめた謎が解けましたね!

以上のことから、ジンは一度命を落としかけたものの、セブンⅩによって救われた、ということになります。本人の意思でなかったとしても、確かにこれは大きなメリットだなぁ。

ハイパー1「でも結局デウストップの謎は解けなかった」

メル    「まあいいんじゃない?本筋に関わってないし、12話だし」

ちなみにこのセブンⅩ、怪獣を全て倒し終わった後、能洲湖から平行世界に帰るのですが帰った先が…

メル 「ちょ、これ森次晃嗣じゃね!?」

しかもさっき出てきたセブンⅩの声まで森次氏だった…!

ハイパー1 「知らなかったのかよ!しかもアンヌもいるし!

そうです。…もう一つの世界とは元祖ウルトラセブンの世界(推定40年後?)だったのです…!

まさかこんなオチだとは思わなかった…やるな円谷プロダクション…

で、そのあとの4人はかっこよくすっきりと終わってしまったわけですが。

ハイパー1「いやぁ、セブンⅩの最終回は何回見ても感動するなぁ…」

メル    「そうか?…確かに謎は全部解けたから終わったといえば終わったんだが、何か終わり方がすっきりしすぎてていまいち終わった気がしないんだが。何か普通に来週も放送してそうw」

とまぁ、こんな感じに意見が交わされております。

ハイパー1が感動したのは最後にウルトラセブンとリンクしていたからだと思うのですが、確かにその点に関しては同意できる。しかしウルトラセブン=Ⅹという図式にはびっくりだよ、顔はあまり似てないじゃん…

何はともあれ、ワンクールと短い期間であったが、

ありがとうセブンⅩ!

最後の最後で大オチを用意していた円谷プロに拍手!



さぁ、皆さん、明日はコミケの日です。傘もってこー!(笑)

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア



メールフォーム
Powered by NINJA TOOLS


ぷかレイ

ブクログ

最新コメント

[02/06 岩尾]
[01/09 かげしゅら]
[12/09 匿名]
[04/10 萩の月(銘菓)]
[11/17 結城]

最新トラックバック

(04/29)

プロフィール

HN:
メル
年齢:
26
性別:
女性
誕生日:
1991/09/29
職業:
大学生
趣味:
アニメ鑑賞、ペーパークラフト、パソコン、読書
自己紹介:
名前の由来は某幼女向け人形からではありません(笑)
大学生という名のモラトリアムをエンジョイ中につき、暫く更新率が著しく上がると思われる。
ライダーは一番カブト(特に地獄兄弟)が好きです。故にカブトカブト言ってますんで苦手な方は注意。
アニメに関してはあまりに見すぎていて感想書ききれないので各クール気になった作品は最終回終了後に総括して書くと思います。
漫画、小説、ラノベその他とにかく本の感想は本棚のブログパーツの「ブクログ」の方に書いてます。作品の好みとかを知る場合はそっちを見たほうが早いと思います。

バーコード

ブログ内検索

カウンター