忍者ブログ

その時、時計が動いた

日記帳・感想など

今更ながらに『告白』を見てきた。

以下、mixiのコピペ。

友達と一緒か一人で見ることを勧められましたが、結局なぜか弟と一緒に見に行くことになってしまいました。
帰りに私が「超面白かった~!!!」と最高潮に盛り上がっている中で、弟が死にそうな顔をしているのを見てたらやっぱり一人で見るか友達と見るべきだったと思いました。つか弟、アウトレイジ見て喜んでるくらいだからこのくらい平気だと思ったのにやっぱり重い話はダメなのね。あの様子だと暫くうなされるに違いない。この価値観が共有できなくて残念だわー。っつっても私もアウトレイジを見に行く予定なんぞありませんがw

てな訳で、私としては予告見たときのファーストインプレッション通りの鬱表現で大満足ですっぴかぴか(新しい)
やばいです、超好みの話だったっ……!!!!
ネタばれしない程度に感想を述べると、とにかくイジメのシーンとか仕組みとかがリアルなのから始まって、登場人物の心情が一貫して描かれている点が素晴らしい。自分があの立場だったら確かにこう行動するわなーと思う人ばかり出てきてすごい共感しました。それから演出も美しい、印象的な画になるものばかりで終始目を見開きっぱなし。ぶっちゃけ買ったコーラを飲むのも、極端にいえば指動かすのも忘れるくらい話に夢中になりました。
欠点をあげるとすれば少々登場人物の頭のあまりの良さに無理があるかなあと思うくらいですが、それを差し引いても全然作品としてのリアリティは申し分ない。少年法を逆手にとって犯罪を犯すという問題が最近話題になっていますが、それも見事に作中に組み入れている。その他にも、いじめや不登校、それに向きあう教師、子供の両親、病気への偏見……etc 挙げれば切りがないさまざまな問題を巧みに物語の中に挿入し、鑑賞後にもそれらからいろいろ考えさせられる。そうした問題もさることながら、あの意味深な終わり方は特に。
むう、抽象的な話しかできないのがもどかしい。しかしこれだけは言える。15歳以上で重い話が大丈夫なら絶対見に行くべきだ。こんなに衝撃を受けたことは未だかつてなかった。15歳未満は逆に衝撃を受け過ぎて影響されてしまう恐れがあるので危ない。作者は中学生心理をよく理解している……さすが教師やっていただけのことはある。

私は普段はだいたいの話をネットを介してほぼタダ同然で見ているので本当に自分が価値あると思ったもの以外にはお金を出さない主義なんですが、これに関しては映画観終わった直後から自腹で5000円くらいだして正規のDVD買ってもいいって思いました、寧ろ買わせてください、リリースしたら即効で買いに行きます、つまりそのくらい面白かった!!
デスノートの屋夜神月が好きな人はたぶんハマれると思います。「どこが?」って聞かれたら少し答えに迷いますが、あのノリはたぶん彼のテロリズム精神に似ていると考えてました。
原作はこの前ちょっと早すぎる誕生日プレゼントとして友人に買ってもらったのでレポート書き終わったらすぐ読もう。つか正直言うと今手を出したいけど、そんなことしてたらレポートに必要な本が読めなくなるのでちょい我慢ってことで。
3連休中は結局日本語学のレポートしか仕上げられなかったけど、今日のこのテンションなら今から哲学のレポートも書けそうな勢いだ……時間とられるからって行くかどうか迷ってたけど行ってきてよかったexclamation素晴らしい作品との出会いってこんなにもワクワクするし気持ちいいんだなあ。明日からまたすっきり登校できそうだ。
 
ホント、面白いものとの出会いは大事だと思う。

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア



メールフォーム
Powered by NINJA TOOLS


ぷかレイ

ブクログ

最新コメント

[02/06 岩尾]
[01/09 かげしゅら]
[12/09 匿名]
[04/10 萩の月(銘菓)]
[11/17 結城]

最新トラックバック

(04/29)

プロフィール

HN:
メル
年齢:
26
性別:
女性
誕生日:
1991/09/29
職業:
大学生
趣味:
アニメ鑑賞、ペーパークラフト、パソコン、読書
自己紹介:
名前の由来は某幼女向け人形からではありません(笑)
大学生という名のモラトリアムをエンジョイ中につき、暫く更新率が著しく上がると思われる。
ライダーは一番カブト(特に地獄兄弟)が好きです。故にカブトカブト言ってますんで苦手な方は注意。
アニメに関してはあまりに見すぎていて感想書ききれないので各クール気になった作品は最終回終了後に総括して書くと思います。
漫画、小説、ラノベその他とにかく本の感想は本棚のブログパーツの「ブクログ」の方に書いてます。作品の好みとかを知る場合はそっちを見たほうが早いと思います。

バーコード

ブログ内検索

カウンター